• Home
  • 【字幕】アジア三面鏡2016:リフレクションズ

【字幕】アジア三面鏡2016:リフレクションズ Midland Square Cinema

ストーリー / 解説

アジア・オムニバス映画製作シリーズ第1弾 『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』
世界的に活躍しているアジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。それぞれの時代と文化を反響させ、新しい光を生み出すシリーズ第1弾『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』は、「アジアで共に生きる」というテーマのもと、様々な国のスタッフ・キャストが結集し、日本とカンボジア、フィリピン、マレーシアの各国間を行きかう人々の生きる姿を映し出しています。映画でアジアの人々がひとつになる、新しい一歩となる作品が誕生しました。

『SHINIUMA Dead Horse』 監督:ブリランテ・メンドーサ
真冬の北海道、帯広のばんえい競馬。レースで当てたフィリピン人のマニーは札束を握ってご機嫌で帰路につくが、彼が馬の世話をしている牧場に入国管理局の担当官がやってくる。不法滞在者のマニーは捕まり、本国に強制送還となる。マニラまでは飛行機、空港から長距離バス、ジープニー、バイクタクシーを乗り継いで故郷の村へ。だが、もう家族はおらず、泊まるところもない。結局、マニーはサンタ・アナ競馬場の厩舎に潜り込むが…。

『鳩 Pigeon』 監督:行定勲
マレーシア・ペナン島。田中道三郎は二階建ての大きな家でヘルパーたちに付き添われて暮らし、屋上の鳩舎で鳩を飼っている。息子の雅夫は月に一回、日本からやってくるが、冷淡にもすぐ帰ってしまう。ある日、新しいヘルパーのヤスミンが雇われ、道三郎の世話をすることになる。さまざまなトラブルの末に二人は心を通わせていく。道三郎はヤスミンとその恋人アリフの手を借りて、兄たちが戦死した海辺へ行き、鳩を大空に放とうとする…。

『Beyond The Bridge』 監督:ソト・クォーリーカー
1992 年の着工から2年、破壊されていたプノンペンの「日本橋」が新たに完成した。橋の修復に携わった日本企業の社長・福田は、かつてカンボジアで過ごした日々を回想していた──。橋の建設のためカンボジアに来た福田は美しいミリアと恋に落ち、結婚して日本で暮らす約束を交わす。しかし、やがてクメール・ルージュが台頭し、危険を感じた父親が福田を帰国の途につかせたのだった──。あれから20年。ミリアは生きているのだろうか。そうした思いを胸に、福田は橋にたたずむ。

  • 監督
  • ブリランテ・メンドーサ、行定勲、ソト・クォーリーカー
  • キャスト
  • ルー・ベローソ、津川雅彦、加藤雅也
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • 日本
  • 備考
  • (C)2016 The Japan Foundation, All Rights Reserved.
  • ミッドランドスクエアシネマ インターネットチケット購入
PAGE TOP