• Home
  • 【3D吹替】猿の惑星:聖戦記

【3D吹替】猿の惑星:聖戦記 Midland Square Cinema

ストーリー / 解説

あなたは、最後を見届ける 最初の人類になる。
誰も知らなかったこの惑星の運命が 遂に明かされる!

猿の人類の全面戦争が勃発してから2年。シーザー率いる猿の群れは森の奥深くに秘密の砦を築き、滝の裏側に身を潜めていた。
そんなある夜、奇襲を受けたシーザーは妻と年長の息子の命を奪われ、悲しみのどん底に突き落とされる。軍隊を率いる冷酷非情なリーダー・大佐への憎悪にかられたシーザーは、大勢の仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自らは復讐の旅に出る。大佐を追うその旅には、穏やかなオランウータンのモーリス、シーザーの片腕的存在のロケットらが同行することに。
海岸線を行く旅の途中、一行は口のきけない人間の少女を発見。ひとりでは生きていけないその少女に同情したモーリスが一緒に連れていくと主張し、彼女をノバと名付けた。
さらに一行は動物園出身で、人間の物資を盗んで生きている奇妙なチンパンジーのバッド・エイプと出会い、大佐の居場所を知る彼に道案内をさせることに。
やがて一行は大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着くが、煮えたぎる復讐心に支配されいつもの冷静な判断力を失ったシーザーは、執拗なまでに彼の命を付け狙う大佐に捕獲されてしまう。
しかも新天地に向かったはずの仲間の猿たちは皆、この刑務所のごとき施設に監禁され、過酷な重労働を強いられていた。
もはや絶体絶命のシーザーに反撃の手段はあるのか?この極限の試練によってリーダーとしての重大な責任を痛感させられたシーザーは、大切な仲間を“希望の地”へと導くために命がけの行動に打って出る・・・

ウイルスによる突然変異によって高度な知能を得た猿たちの反乱、人類が築き上げた文明社会の崩壊、猿と人間の戦争の勃発という衝撃的なストーリーを描き、全世界を震撼させた『猿の惑星』シリーズ。
2011年の『創世記(ジェネシス)』2014年の『新世紀(ライジング)』に続き、『聖戦記(グレート・ウォー)』と題された最新作では、ついに地球の歴史が塗り替えられ、新たな支配者が決する激動のドラマと圧倒的なスケール感みなぎる壮絶なアクション・バトルが繰り広げられていく。
「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラム役で知られるアンディー・サーキスが前2作に続いて猿のシーザー役をパフォーマンスキャプチャーで演じる。大佐役は「ハンガー・ゲーム」シリーズのウッディ・ハレルソン。第2作に続き「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブスが監督を務める。

  • 監督
  • マット・リーブス
  • キャスト
  • アンディ・サーキス、ウッディ・ハレルソン、スティーブ・ザーン、カリン・コノバル
  • レイティング
  • 指定なし
  • 制作国
  • アメリカ
  • 備考
  • (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • ミッドランドスクエアシネマ インターネットチケット購入
PAGE TOP